わかった!

socks_catherine02.jpg

英文パターンのソックスに初挑戦中。
ヒールフラップ&ガセット(heel flap-gusset)方式っていうものだと思いますが、この踵の折り返し部分、パターンを見ながら悩んでたのですよ。だって、針にかかってる目数より編む数が少ないんだもの。

でもやっぱり、案ずるより産むが易し。
理解できないけど編んでみるか・・・と2段編んだところで、がっちり理解。

なるほどなーなるほどなー。おもしろいなー。
こんな編み方があるんだなぁ。
いや、悩んだのはこの箇所だけじゃなくて、何カ所も悩んでるんだけどね。
翻訳サイトや辞書サイトと仲良くしながら、1カ所意味がわかれば突然スムーズに書いてあることが理解できたり。接触悪いコードが繋がったとき、みたいな。

学生の時に数学とかを理解できたときに近いのかな。
なんだろうな、この「わかる」って感じ、すんごく気持ちいいんですけど!


あと、甥っ子3号に編んでみようと挑戦したブーティは、ちょうどいい針のサイズが無くてとりあえず手元にあった1号細い針で編んでみたところ、極小サイズに仕上がりました・・・。
こちらも英文パターンなので、ストラップの付け方部分等理解できないところもあったのですが、あまりパターンに固執することもないか!と、自分なりに模索してみたら、それなりにちゃんと形になりました。
その自由さが編物の良いところであり、適当でも何とかなってしまうという悪いところ(?)でもあるような。

明日あたり針を調達してくるので、こちらはもう一度挑戦するつもり。

タグ: