blog colorim

アラフォーにもなると転んだだけで大変という話

骨は大丈夫だったけど、包帯固定で3日間なるべく動かさないように


仕事帰りに自宅そばで2Lのペットボトルを2本買いましてね、お店を出たところで車止めに足引っ掛けて、勢い良く前につんのめり、2歩ぐらい踏ん張ってみたものの、勢い良く振られたペットボトルの重力?遠心力?に負けてズサーッといってしまいた。


左肩と左手のひらが8割、左脚の付け根あたりと左膝で残りの2割を受け止めた感じ。
左肩と左足の側面を打撲、手のひらと膝に擦り傷。


直後から左手がズキズキして左手首捻っちゃったかなーという感じで、時間と共に手がつけない、物が持てないとひどくなってきて、お風呂に入ってもポンプすら押せない有様。痛みの原因は親指の付け根にありそうなことと、肩は目に見えて腫れているもののたいして痛みはないことがわかり、左手に保冷剤をあてて冷やしまくりながら寝ました。

あ、でも、指先は問題なく動くのと、iPhoneなら片手で使えるのでツイートはがんがんできましたけど。


そして翌朝、痛みはマシになるどころか、ちょっと動かしても痛い状態だったので病院へ。


というわけで骨は大丈夫みたいねってことで、冒頭の写真のようにぐるぐる巻きでとにかく動かさないようにとのこと。そのあと、仕事はまあ普通に出来てたんですけど、やっぱり肩の打撲の痛みがひどくなり。朝はお医者さんに腕を持ち上げられても痛くなかったのに、夜には腕が上がらなくなりましてね...。


小さい頃からよく転ぶ子ではあったけど、ここまでひどい怪我するのは初めて。
おそらくスポーツとかやってる人なら経験済みレベルではあるんでしょうけど。
片手が使えないってこんなに不便なんだ!!と痛感することばかりですよ。

利き手じゃなかったことと、仕事に支障がなかったことは本当に不幸中の幸いなんですけど、着替え・トイレ・お風呂・洗い物はもちろん、左手で持って右手で何かやるってことができない(できるけど痛い)ので、フタを開けるとか財布からお金出すとか傘を開くとか、何気に全部左手がけっこう活躍してるのね、と。

もっと細かいこと言えば、飴ちゃんの個袋を開ける、マスカラの蓋(?)をあける、水筒など密閉型の蓋なんて左手が大活躍してるわけですよ。全部ひとりじゃ開けられねー!!!(脇で挟んだり、脚に挟んだり、そりゃいろんなことして開けますけども)


ほぼ3日近く経って、左手親指の可動域はずいぶん広くなり、軽い物なら持てるようになりましたが、まだちょっと力がいる系の蓋を開けるとかはできない感じ。手はつけない。
あと、肩の痛みが思ってたよりひどくて、今は肘をついてタイピングしててこういうときは全然痛くないんだけども、このあと肘をおろすと痛みが走る、みたいな。

小1のころ、両手に荷物持ってて顔からズルッとこけたことを思うと、今回手をつけるようになっただけ大人になったじゃないのーって感じだけど、大人になったらなった分、想像以上のダメージがついてくるわけで。そして、独り身の不便さが身に染みるわけで。

泣くぞ。