blog colorim

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
森見 登美彦
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 155


たぶん、周りの本読みさんたちはとっくの昔に読んでたと思うけど。

あー、おもしろかった。
久しぶりにワクワクしながら読んじゃった。
ファンタジックなんだけど、ひょっとして京都のどこかの路地を曲がれば、こんな世界が本当に広がっているのではないかと思いたくなるような世界。糺の森なら本当にありそうだし。できることなら、この世界に紛れ込んでみたい。ふわふわと空中を漂ってみたい。そんな気分。

文庫版の解説は羽海野チカさん。これがまたキュートで。