blog colorim

I LOVE HOKKAIDO vol.04

函館から札幌まで3時間。
しばらくは外を眺めながら話していたものの、途中猛烈な睡魔に襲われぐっすりと。
車窓からの風景は、やっぱり空が広くて感動的。
牛がいたのも衝撃だったけど。

途中青空が見えていたのに、札幌が近づくにつれてまた曇り空。
どこまでも、雨女ぶりを発揮する私・・・。

札幌到着後、まずはホテルにチェックイン。
3年半前みっちーと泊まったのと同じホテル。
地下からあがってすぐはピンと来なかったけど、しばらく歩くと前回の記憶が思い出されてきて、ホテルの場所も「あの辺だな」と思ったところで正解でした。やるなー、オデ。


しばらくすると、さちょさんとこぶさんがお迎えに来てくれた。
3年半前とちっとも変わってない姿に嬉しくなる。

ホテルから狸小路をテクテク歩き、女8人で晩御飯!
kuroさんは同じく3年半前と全然変わってない!
しかも気配り名人みっちーが一報を入れてくれていたおかげで、
函館で入手できなかった「じゃがポックル」を入手してきてくださいました☆
みんななんて優しいんでしょう。

ぶらさん、sayaさん、ゆうさんは「はじめまして」。
sayaさん、ゆうさんはずっとお名前は見かけているのに、絡むこと無いままきてしまっていたので、いきなりリアルで会えるなんて!と心の中は大喜び。

飲んで喋って食べて食べて、あっという間の5時間。
今回も、北海道の言葉をいろいろ教えてもらいましたよ。「ちょす」とかね!


翌日は、kuroさん、こぶさん、ゆうさんが再度集まってくださって、まずは「きたキッチン」へ。
オススメの品をいろいろ教えてもらって、お土産用にごっそりお買い物。


その後、オサレな「hofe」でフレンチランチ。豚肩肉のロースト。うまっ!
昼間っからワインなんか飲んじゃってお腹もいっぱいになって、ご機嫌になったころ、もう一人、私がネットで知り合ったお友達たまきさん登場。


しかし、もう、ろぷちは千歳へ向かう時間。
kuroさん、こぶさん、ゆうさんはろぷちを札幌駅まで送っていってくれるらしく、ここでお別れ。
慌しく去って行くみんなを見送りながら、やっぱりここでも「じゃあ、またね!」

たまきさんと、そのまま1時間ほど話したあと、一緒に札幌駅へ。たまきさんに改札で見送ってもらって、千歳空港へ。
2泊3日じゃものたりないなぁ・・・なんて思っているうちに、またも爆睡。


千歳に到着するやいなや、いきなり目の前のお店に人が群がってる!
ピーンときました、これは「じゃがポックル」に違いない!
やっぱり正解。人ごみに混ざって、しっかり追加ゲット。
その後、やっぱりアレやコレやと買い込み、大きな袋まで購入する始末。

これこれ、この袋。しかも、機内持ち込みできないサイズ・・・。
おみやげを、ひとつにまとめたあと荷物を預け、最後に残った時間でソフトクリームまで食べたりして。


出発時と同じく、またまた搭乗が遅れたのは何の因果か。

空の上の夕焼けはどう見えるんだろう?とワクワクしていたにも関わらず、またここでもすぐに爆睡。目覚めたときの空の上は真っ暗で愕然・・・。


こうして幕を閉じた、駆け足の北海道旅。
意気込んでいたより、写真もあんまり撮ってないけれど、今回は人の繋がりを強く感じたいい旅でした。

お世話になったみなさん、本当にありがとうございました。
懲りずにまたお邪魔しますので、そのときにまたお会いできれば嬉しいです!


お土産の山。一部、いただきものもアリ。