blog colorim

I LOVE HOKKAIDO vol.02

さっそく話に一花咲いた後、外に出てみれば、とっぷりと日が暮れてたわけで。
あわわわー、暗くなっちゃったーとみっちー大慌て。

そこからひとまずホテルにチェックイン(あれ?順番がわからなくなってきた・汗)。
その後暗くなった元町界隈を散策。私は以前も観光してるので暗い中にそびえる教会群もまた違った雰囲気が味わえたけど、ろぷちはちょっと味気なかったのではないだろうか。すまぬーーー。しかし、この坂の上から見下ろす函館の街は夜になってもステキだ。

古い歴史的な建物が当たり前のように近くにあるというのは、地元の人にとっては何とも思わないのかもしれないけれど、私たちみたいに普段オフィスビルやマンションばっかり目にしている人間には、その街の雰囲気は憧れそのもので。空と海と山とレトロな建物と。そのすべてが揃う函館の街は、やっぱりステキな街だと思う。

買い物するところが少ないとか、いろいろ困ることもあるんだろうけどね。
そういうのはほら、今となってはネットで買えないものは無いんだし(洋服は難しいけども)。空と海と山とレトロな建物は、ネットでは買えないのですよ。その雰囲気もね。


そうそう、今回のカメラはFM3AとLC-A。
旅に出て気づいたけど、50mmレンズでは入りきらない場面が多かった・・・。引いてしまうと余計なものが入っちゃうし、FM3Aを使い始めて8ヶ月、初めて広角レンズがほすぃー!と思いました。普段のスナップなら必要ないんだけどなぁ。ま、それらの写真はおいおい、フォトブログたちの方にアプしていきますよ。

その後、金森赤レンガ倉庫でお約束のサンタヴィレッジを堪能。

そのすぐ隣の切手売場でお土産に北海道切手を買っていたら、その窓口に以前からチェックしていたある切手があるじゃないの!これ、あんまり売ってないんだってば!とテンション高めで購入。


そのあとも、雑貨屋さんに立ち寄ったりしながら、いよいよ晩御飯へ。

みっちーオススメの「キッチンBORDER」でイタリアンを食す。小さいお店だし一人で切り盛りされてるのだけど、隠れ家っぽい雰囲気で、きっと美味しいもの好きが通ってるのだろうなぁという感じ。ここがまた、うまいのなんのって!頼んだもの全部美味しい。サラダのほうれん草は肉厚だし、かにみそグラタンは美味だし、苦手なはずのレバーのペーストも激うま。あ、そうだ、ピクルスも初めてうまい!と思ったなぁ。

車の運転を控えたみっちーは、お酒を我慢。私たちだけ戴いた。これまたすまぬーーー。


空腹を満たした私たちが続いて向かったのは、日本三大夜景のひとつ函館山。
前回はロープウェイで上ったのだが、今回はみっちーの車で。
しかし、ここで脅威の雨女ぶりを発揮。今から山登るのよ?夜景を見るのよ?なのに何でここで雨なんだーーーー!

普段車の運転をしない私にすれば、街中をすいすい走るだけでも尊敬なのに、夜に山を登るなんて凄すぎる。みっちーは怖いー怖いーと言いながらも、さらに後ろから煽られたりしながらも、がっつり安全運転で私たちを山頂に運んでくれた。途中、チラチラと見える夜景はなるべく見ないように目を逸らして。

さすが山の上。雨と強風でむちゃくちゃ寒い!ありえねー!コートが欲しいコートが!
風に傘を飛ばされそうになりながら、フラフラと徒歩で上がっていくと、目の前に函館の夜景が広がる。
おおぉ~、そうそう、コレよコレ。

みっちーとたまこさんによると、「60点だね!」と辛めの判定だったけれど、これでも60点!?100点はどんななのよ!と思って、イメージ検索してみると・・・なるほど、さすがですな


あまりの寒さにカメラも出さず、せっかく登ってもらったのに、さっさと退散。
そして、次のお店へレッツゴー。
そこは、お酒もお茶もご飯もできて、お家のように和めるお店「Dining Cafe&Bar Lemongrass」。

ここではみっちーもお酒を飲み始め、「ブログに書けない話をしよう!」とか言いながら、
話はだんだんディープな方向へ・・・(もちろん、書けない話なので、ここにも書けませんから!)。

そうして、今回の旅1日目、函館の夜は更けていくのでありました。