blog colorim

I LOVE HOKKAIDO vol.01

実家は関空まで20分の場所にあるので、前日から帰省することに。

しかーし!わが地元、この土日はお祭りだったのです。
土曜の午後イチぐらいで戻るつもりだったのに、祭りといえば、初日の朝6時スタート。
そしてこの瞬間が一番かっこいい!
で、結局金曜の深夜に実家到着。ママンと話しているうちに、時計は午前2時。そんな時間から寝て朝5時に起きられるわけがありません。そのまま朝まで起きておくことに。

長くなるので、祭り話はこのへんにしておいて、つまりは出発前から生活のリズムは狂い、睡眠不足状態だったのですよ。


で、いよいよ北海道の旅、出発当日。
この日も朝から祭りを堪能したあと、空港へ。久々の関空。というより、久々の飛行機はなんだか緊張するな~と思いつつも、国内便だったら小さい頃から何十回と乗っているので、戸惑うこともない。(余談ですが、初めて一人で飛行機に乗ったのは、小学校4年生ぐらいの頃だったかしら)

旅のはじまりだというのに、機体の到着が遅れたとかで搭乗手続きが15分ほど遅れる。
この日の大阪は快晴。離陸もスムーズで、揺れることなく飛んでくれた。飛行機の中で一眠り~と思っていたのに、興奮しすぎなのか、全然眠れず。空の青の美しさに、LOMOでバシバシ撮影(たしか3年前もまるっきり同じ状況)。

前回は気づかなかったのか、覚えてないだけなのか、気がつけば「十和田湖上空です」のアナウンス。おお!もう秋田か!早いな~。と思って眺めていると、機体は徐々に高度を下げている。続いて、「右手に下北半島が見えます」のアナウンス。見てみると、地図と同じやん!!!青森県の右上、下北半島がまんま記憶の中の地図と同じ!!(当たり前ですよ)

思わず、ANAの機内誌「翼の王国」の後ろの方に載っている日本地図のページを開くと、やっぱり同じ!!(しつこい)

事細かに地図と見比べていて、気がついた。
目の前に見えているこの黒っぽい山、恐山なんだ!イタコだ、イタコ!スッゲー!!と、わけのわからないプチ興奮をしているうちに、機体は津軽海峡を越え、函館の街が見えてきた!

なんだか前回と航路が違うような気がしないでもないが、函館空港は街に隣接しているので、すぐ目の前に街並みが見えている。函館の街はなぜかカラフルで、競馬場のグリーンが鮮やか。わー、ミニチュアみたいだー!とカメラを構えようとしているうちに街並みを通り過ぎ、あっという間に着陸。ドスーン。
(その後、雪国に瓦屋根は無いことを知り、街がカラフルだったことに納得)

そして、離陸は20分以上遅れたはずなのに、到着は5分遅れほど。飛行機も飛ばすんだ!初めて知った衝撃の事実。でも、いつも飛ばさないということは、あまりよくないということなのか。考えると、怖いぞ・・・。


コンパクトな空港だからか、預けた荷物が出てくるのも速い速い。
小さいスーツケースとお土産が入った紙袋を提げて出て行くと、飛び上がるようにして手を振ってくれている3人組ハッケーン。

函館のお姉さんみっちーとたまこさん、そして、前日から北海道入りしているろぷちだ!
付き合いはかなり長いのに、ろぷちとは「はじめまして」。大阪と広島という、そこそこ近い距離にいながら、なぜに函館で「はじめまして」なのかは私たちにも不明。でも、そんなこといいの。会うきっかけを作ってくれたことに感謝!

そして、挨拶もそこそこにみっちーの車に乗り込む。

「午前中は晴れてたんだよー(ミユが来たから天気悪くなったぜ!)」

そうなんです。私の到着とともに、函館は曇り空・・・。
ま、またか。3年前と同じく、また青空は見られないのかぁぁぁ!


空港近くのトラピスチヌ修道院に向かう途中、「だるま!だるま!」と言いながら車を降り、細い階段を上るとそこにだるまがいた・・・。

hakodate02

でかい、そして薄い。え、薄い?

hakodate01

う、薄い・・・。


その後トラピスチヌに向かい、ぐるっと見学。2度目だけど、ここの雰囲気はステキ。今回は3連休中だからか観光客てんこ盛り。

hakodate03


サクッと観光を終えた私たちが向かったのは、函館といえばココは外せないでしょ!のSCOREさん。もーちーろーん、スイーツをいただきました。

hakodate05

今回は10月のお菓子、アップルパイのアイスクリーム添え(正しい名前は忘れちゃった)。ええ、ええ、カロリー高そうですよ。でもいいの。シアワセー☆


そして、ここで早速女子トークに花が咲く。しかし、私たちは大事なことをすっかり忘れていたのだった。そう、この季節、日が落ちるのがとても早くなっているということを。