blog colorim

京都はやっぱりいい

久しぶりの京都。今回は日帰り旅。
前回の今日と旅行から実に2年ぶり。なぜか近くて遠い京都。

前日、帰るなり爆睡した相方を横目にひとりでプランを練る。
相方が大好きな銀閣寺に行きたいと言うので、それを中心にコースを考えた結果、下鴨神社→銀閣寺→哲学の道→南禅寺ぐらいかな、と。盛りだくさんに詰め込むよりも、のんびりめに歩きながら写真を撮りたいなという目論見。

出町柳まで行くついでに、「恵文社一乗寺店」に行くのもいいかも!と思いつく。ついでに行くというよりは、わざわざ行かないと行けない場所なので、ずっと以前から気になりつつ、一度も行ったことがない。
相方も好きそうだし・・・と思っていたのだが、どういうわけかそれをきっかけにケンカになり今回は見送ることに。一度こういうことになると、二度と行きたいなんて言うもんか!と思う性質なので、当分行くことはないかも。

そんな波乱含みの旅のはじまり。

そのケンカを引きずったまま出町柳に到着。京都には数ある世界遺産のひとつ、「下鴨神社」へ。「糺(ただす)の森」という樹齢200年~600年の木々が茂る気持ちの良い長い参道を歩く間も、境内到着後も相方とは別行動。

070623_133426.jpg070623_133447.jpg070623_142925.jpg

境内には干支のお社があって、自分の干支・寅のところにお参りしてみる。ちなみに寅の神様は大己貴神(国づくり、医薬の神様)だとか。

すっかり相方を見失い、いったん境内を出てみる。最初は素通りしてしまったのだけど、下鴨神社には「相生社」(写真中)という縁結びのお社がある。

「縁結び」とは・・・ 男女の縁だけでなく全ての【縁】のことを示します。 「良い人と巡りあいたい」 「ずっと仲良しでいたい」 「子供にめぐまれたい」 「良い仕事に就きたい」など 下鴨神社で様々な【縁】を結んで下さい。 「下鴨神社・相生社のページより」


この言葉を読んで、朝っぱらからのケンカを反省。この相生社で仲直りを祈願し、単純なので、2つセットになっている縁結びのお守りを買う。


その後、相方に電話してみて待ち合わせ。あまりの暑さに出町柳の駅前で休憩。参道を歩いているときから、なんだか痒いなーって思ったら、こんなでっかく腫れてましたヨ(写真右)。都会の蚊より、凶暴なのかしらー。


次も世界遺産、「銀閣寺」へ。歩くには遠いけど、京都駅や河原町からよりは近いぞってことで、タクシー利用。体力温存。1メーターちょいぐらいで行けました。

070623_144738.jpg

想像通り、土曜日の銀閣寺は大混雑。彼女の写真を撮りまくる変なカップルや、外国人観光客がいっぱい。それでもやっぱり渋めの銀閣寺はステキ。


その後、人ごみを抜けて哲学の道へ。
何年か前に友人たちと歩いたときは、途中で脱落してタクシーに乗った記憶があるのだけど、今回は南禅寺を目指して歩いてみることに。ガイドブックやサイトを見ていると2km程度のよう。哲学の道は琵琶湖疎水ほとりの小道。

070623_152844.jpg070623_155057.jpg070623_160651.jpg

途中近所の方が世話しているのか、アジサイがたくさん咲いているところがあって、シアワセな気分になる(写真左)。「折らないで!」と書いてあるのが切なかったけど。

道中、法然院という法然上人ゆかりの渋いお寺(写真中)と、大豊神社という小さな神社に立ち寄る。哲学の道からスグの場所にあるに関わらず、両方とも結構山道で実際の疲労度は2kmどころじゃない感じ。法然院のあと、その近くにあるカフェ「Cafe Terrazza」で一休み。いろいろあるメニューから2人が選んだのは、 ブルーベリー&クランベリージュース(写真右)。なぜ同じものを・・・。

その直後「よーじや銀閣寺店」を発見し、よーじやカフェにも行きたかったなーと少し悔しい思いをすることになるわけですが。やっぱ、もちょっと下調べしておかないとね。


070623_165014.jpg070623_165137.jpg070623_165148.jpg

大豊神社には、狛犬ならぬ狛ネズミ・狛サル・狛トビがいる。鬱蒼とした場所にいる狛サルは正直ちょっと怖かった。今にも動きそう。


ようやく哲学の道のゴールにたどり着き、そこからまだしばらく歩くと「南禅寺」に到着。楽しみにしていた三門は上れなかったけど(時間が遅すぎたらしい)。前回の旅のときも南禅寺には来ていたのだけど、そのときは雨。

070623_172138.jpg070623_172207.jpg

大好きな水路閣に再度向かい、ひとしきり写真を撮ったあと、水路閣に上ってみる。何度も来ているけど、上るのは実は初めて。水路閣は琵琶湖疎水という、琵琶湖と京都の間を流れる長大な運河にしつらえられた水道橋、らしい。流れる水を眺めながら狭い道を進んで行くと、念願のインクラインに到着。ここもずっと来たいと思いつつ、どこにあるのかもひとつわかってなかったので、ずっと来れなかったところ。

インクラインとは、当時疏水での水上運搬にとって、高低差があるため最大の難所だった山を、台車に舟を乗せて人や荷物を舟ごと運んでしまうためのもの。なので、今は使われていない線路のようなものが残ってるんです。桜の名所らしく、春はきっと凄い人人人なんでしょうねー。

このあたりで、もう私の足はジンジンしてたので、すっかり帰りたいモード。
ひとまず京阪三条に出てカフェで休憩し、せっかくなのでと、四条河原町までさらに歩いて帰途へ。


とにかく、今回もよく歩いたなーって感じですが、全部合わせても6kmぐらい?そう考えると、たいしたこともないか・・・。坂道はちょっと堪えるけど。

今回の写真は、随時photo colorimにアップ予定。
緑緑緑な感じです。

いやー、やっぱ京都はいいなぁ。