blog colorim

岡山日帰りバス旅行

「ようわからんねんけど、当たったみたいやねん、バス旅行。お一人様ご招待やねんけど、1人で行くのもなんやしパパはこんなん行きたくないって言うし・・・」
ママンからの電話で始まった、今回のバス旅行。

「簡単に言うと、私に自腹で一緒に行ってってこと?」とか言いながら、まぁ、たまには親孝行もいいかーと行くことにする。時は5/20(日)。日本三名園のひとつ岡山後楽園と、温泉&昼食付。

そもそも、ショッピングセンターなどで実施されているキャンペーンで、でかでかと「ハワイ6日間ご招待!1組2名様!」などと書いてあるそのすぐ横に小さく、「日帰りバス旅行ご招待!200名様」と書いてあるようなやつであります。その小さく書いてある方ね。

おばあちゃんの大群を乗せ、バスは出発。
この手のツアーによくある抱き合わせで、西宮の宝石屋に連れていかれる。岡山目指して出発して、いきなり西宮て!とかぼやきながら、しょうがないのでウロウロする。その後、岡山の湯郷温泉「美春閣」にて、昼食と温泉。

大広間での昼食をさくっと終えて、またもやおばあちゃんの大群と共に温泉へ。
脱衣所で脱いでいるときに、とあるおばあちゃんが、パンツ一丁でお風呂へ向かおうとして、
「あ!パンツ脱ぐの忘れてた!」
と言っていたらしい・・・。歳とるのって怖い。

温泉はとっても気持ちよく露天風呂も楽しんだあと、またバスに乗り込み、これまた抱き合わせのオミヤゲ屋へ。ここでは、帰り際に、1人1箱ずつお饅頭のお土産をいただいた。太っ腹。

そしてようやく、岡山後楽園へ。

070520_155825.jpg070520_161959.jpg070520_160510.jpg

さすがにここは良かった。
お天気も最高だったし、もはや夕方だったので人も少なめ。緑がいっぱいで真っ青な空が広がって、黒いお城がかっこよくて。重いのに頑張って持っていったカメラの出番。

ただ、残念なことに、ここが一番時間が短かったのだ。もうちょっとゆっくり散策したかったなー。
どうなってんだ、このバスツアー。
メインは何なのか。宝石屋がメインじゃないっつーの。アホか、と。まぁ、アンケートにもそのあたりはしたためておきましたが。

温泉のあとぐらいから、バスの中では爆睡していた私ですが、帰りのバスに乗り込んだところ、
「それでは今からビデオを流します」ときた。
あー、アレでしょ。釣りバカ日誌かとらさんでしょ。おばあちゃんたち好きそうだもん、と思っていたら、流れたのは、「ヤスキヨ漫才集」。やるな、このバスガイド。

それでもまぁ、疲れには勝てず、ずっと爆睡してたわけですが。
最後に、事故渋滞を避けるために、六甲の方を回って帰るとのアナウンスがあり、運転手のサービスで車内灯を消して、夜景を楽しませてくれた。やるな、この運転手。おばあちゃんたちは黄色い歓声をあげていたが、私たちは夜景で喜ばない親子でごめんなさい。

ツアーの中身はしょぼかったけれど、一生懸命な新人ガイド(ストレス太りかスーツがパツパツ)と運転手の機転はなかなか良かったバスツアーでした。


今度は倉敷に行きたい。(2度ほど行ってるけどね)