blog colorim

I LOVE カメラ

itami.jpg

とまぁ、たいそなタイトルをつけてみたわけですが。
そんなこと言っても、もう何ヶ月もカメラ触ってない気が
したりしなかったり。

私がカメラを手にしたきっかけは、
中学生ぐらいの時だったか。
地元の祭りの時に、片思いしていた同級生の写真を撮るため…
だったというのは、これまた忘れたい記憶。

実家にあったオートフォーカスの古いカメラ。
Canonだっけなぁ。
ズームもないし、自動巻き上げも出来ない。
一眼レフみたいにかっこよければともかく、
黒くて重いし、なんなのコレ…っていう。

ただ、写りはキレイだったような気がする。
現像に出した時に、写真屋のおっちゃんに、
「お客さん、写真うまいなー」って言われたので図に乗った。

高校生の頃に、初めて自分で買ったのが、
Canon Autoboy(多分)。
これは、5年ぐらい使っただろうか。
気が付いた時には、どこに行ってしまったのか、わからなくなっていた。
最後に使ったのは、アパレル時代の同期と行ったディズニーランド。
この時の写真が手元にあるということは、
持って帰ってきたのは間違いないんだけどなぁ。うーんうーん。

そして、カメラ熱もすっかり冷めた1999年。
初めてのネットショッピングはLOMO LC-Aだった。

それからあとは、初代IXY DIGITAL。
バッテリーがいかれてしまったのと、
200万画素ってどうなの、という時代の流れで実家に置き去り。

そして今は、もらいもののNikon F401sというショボイ一眼と、
借り物のCONTAX T3、そしてお誕生日にもらったSX-70。

カメラばっかり持ってても、写真を撮らなきゃ意味無いわけで。
12月は撮るぞー。これからは撮るぞー。

と、自分にハッパをかけてみる。